×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

IndexTop

天上の虹 - Rainbow over the sky -




DSC_0137.JPG



「天上の虹」は、持統天皇を主人公とする、万葉集をベースとした少女漫画作品です。

・全23巻構成、1983年に連載を開始し、2015年にやっと完結。

・大阪芸術大学里中満智子教授の作品。

・舞台は主に奈良県明日香村周辺。藤原京や薬師寺がキーポイント。

・物語は、持統天皇(鸕野讚良)が生まれ、父である中大兄皇子が大化の改新をする所から始まる。

・人間関係がとても複雑。 兄弟が憎しみ合ったり、逆に愛し合ったり、義理の父と甥っ子が戦争をしたりする。各巻の頭に人物相関図があるので、迷ったら確認。

・当時の難しい言葉や言い回しはあまり登場せず、たまに登場しても解説があるので、誰でも簡単に読める。

・実は奈良時代頃に、滋賀に大津京という都が置かれた時期があった。(現在は大津京というJRの駅があります。)

・重大な出来事ごとに、その場で詠まれた俳句を万葉集から引用。また、現代語風に言い換えた説明文も。

・2014年6月には明日香村で舞台化もされた。

・ドラマCD版には子安武人や天野由梨も出演。

・NHK 歴史秘話ヒストリア 2015/6/10 にて、水樹奈々さんの声で特集を放送。
【JJT氏が投稿している、2015/6/10 NHK 歴史秘話ヒストリア よみがえる持統天皇の都】
http://www.miomio.tv/watch/cc215254/






橿原市コミュニティバス





天上の虹のラッピングバスが運行されています。

DSC_0456crop

DSC_0457

DSC_0460crop

DSC_0467

DSC_0468crop

藤原京 - Fujiwara palace site -



持統天皇(鸕野讚良)が生まれ育った場所。父である中大兄皇子が大化の改新をしたところです。 この日もカメラを持った観光客が訪れていました。



大極殿。今は森のようになっています。

DSC_0439

DSC_0441

今も発掘調査が続けられている模様。

DSC_0443

DSC_0444

藤原宮内部。 ストリートビューでっも見ることができます。

DSC_0445

門の跡? 柱の配置から察するに、平城宮跡の朱雀門くらいの大きさがあるのではないかと。

DSC_0447

DSC_0449

DSC_0450

藤原宮跡の南側から。

DSC_0536

DSC_0537

DSC_0538

すぐ傍には、天香久山も。

DSC_0539

藤原旧跡 資料室



藤原旧跡には資料室が2つあり、一つは国立文化財機構奈良文化財研究所が所管する資料室が、藤原旧跡の南東にあります。 フラッシュを使用しなければ撮影可能とのことで、写真に収めました。

DSC_0534

駐車場は、藤原京の道路の跡の上に作られているようで、道路の位置や幅が分かるようになっています。

DSC_0497

DSC_0496

最近マスコミで紹介された、発掘現場から発見された陶器。

DSC_0498

DSC_0499

DSC_0500

DSC_0501

DSC_0502

富本銭。発見された時はNHKのニュースで紹介されました。

DSC_0503

DSC_0505

DSC_0506

DSC_0507

DSC_0508

DSC_0511

DSC_0512

DSC_0513

DSC_0514

DSC_0515

DSC_0516

DSC_0517

DSC_0518

DSC_0519

DSC_0520

デスクワーク。

DSC_0521

貴族の食事

DSC_0522

下級役人の食事。

DSC_0523 庶民の食事。

DSC_0524

柱。

DSC_0525

建築の様子。

DSC_0526

DSC_0527

焼き物の制作現場。

DSC_0528

DSC_0530

DSC_0531

DSC_0532

はにわ。

DSC_0533

藤原京資料室



藤原宮跡の北西に、橿原市の運営する2つめの資料室があります。

DSC_0423

DSC_0424

万葉集に登場する、持統天皇の歌。

DSC_0425

藤原京前景模型。

DSC_0427

DSC_0428

DSC_0429

藤原宮の柱。

DSC_0430

発見された陶器類。

DSC_0431

DSC_0432

DSC_0433

巡礼ノートも。

DSC_0434

本薬師寺跡 - Hon Yakushiji temple -



創建当時の薬師寺があった場所。現在の薬師寺は引っ越し後のもの。
薬師寺はもともと、持統天皇の主人である天武天皇が、
持統天皇の病気の回復を祈って作り始めた寺であることを考えると、
そのお寺は今の薬師寺ではなく、この場所のはず...

img1
©里中満智子先生

DSC_0471

DSC_0472

金堂の土台?のみが残っています。

DSC_0474

DSC_0476

DSC_0477

DSC_0480

DSC_0481

DSC_0482

DSC_0483

DSC_0485

薬師寺 - Yakushiji temple -



正門前。

DSC_0415

DSC_0417

DSC_0418

中門。

DSC_0390

DSC_0401

DSC_0402

DSC_0403

DSC_0405

DSC_0406

DSC_0408

東院堂。

DSC_0409

DSC_0413

金堂。

DSC_0376

DSC_0379

DSC_0380

DSC_0383

国宝、薬師如来像と月光菩薩、日光菩薩。
金堂内部は写真撮影禁止のため、休憩室に飾られていたポスター?を撮影。

DSC_0328crop

外から撮影した薬師如来。

DSC_0393

外から撮影した日光菩薩。

DSC_0394

一方の月光菩薩は出張中らしく、実物大のポスターが。

DSC_0392

国宝の東棟(東側の五重塔)。さすが国宝。この厳かさ!!

DSC_0384

DSC_0386

DSC_0387

対する西塔。 昭和56年に再建。内部は撮影できませんが、見学できました。

DSC_0385

DSC_0388

DSC_0398

DSC_0400

DSC_0399

大講堂。 DSC_0363

DSC_0365

DSC_0357

DSC_0333

DSC_0359

DSC_0361

DSC_0369

大講堂の菩薩。外から撮影。

DSC_0378

ハスの花を撮影するために集まった、カメラを持った人たちがたくさん。

DSC_0336

手前のハスにピントを合わせてみました。

DSC_0342

DSC_0348

DSC_0349

奥の大講堂にピントを合わせたとき。

DSC_0352

逆に、手前のハスにピントを合わせたとき。

DSC_0355

建物が国宝なのは東棟だけで、それ以外は比較的近年に再建された模様。

DSC_0329

創建当時の薬師寺に使用されていた釘。

DSC_0327



薬師如来像の台座の模型。軽ワゴン車くらいの大きさ。

DSC_0326

DSC_0325



薬師寺は、裏門を出てもまだ北に続いています。伽藍はここよりさらに北にある模様。



DSC_0322

DSC_0320

DSC_0319

DSC_0323

天武・持統天皇陵



DSC_0487

DSC_0488

DSC_0489

DSC_0491

宮内庁所管のため、教育委員会等による調査は行われていなさそうです。

DSC_0492

DSC_0493

DSC_0495







宮滝 (吉野町) - Miyataki -



持統天皇は、吉野宮に何十回も行幸しています。壬申の乱のときも、夫である天武天皇とともに隠棲していました。
その吉野宮があったのがこの宮滝とされています。


DSC_0369

DSC_0372

DSC_0374

DSC_0380

DSC_0381

DSC_0360

DSC_0350

DSC_0351

DSC_0352

DSC_0354

DSC_0355

DSC_0356

DSC_0357

DSC_0359

DSC_0362

DSC_0363

DSC_0365

DSC_0366

DSC_0367







飛鳥寺 - Asuka temple -



天上の虹に直接関わってくるわけではないですが、中大兄皇子が大化の改新で倒した蘇我氏のたてた飛鳥寺が、近所にあります。






橿原神宮 - Kashihara shrine-



これも天上の虹に直接関わってくるわけではないですが、皇室に深い関わりのある橿原神宮も、近所にあります。


DSC_0579

DSC_0580

DSC_0581

DSC_0584

DSC_0585

拝殿。

DSC_0588

DSC_0589

DSC_0590



橘寺 - Tachibana temple -



以下は、明日香村の橘寺で開催された「光の回廊」の時の写真です。 「天上の虹」に登場する皇族も似た衣装を身に着けています。

大津京 - Otsukyo -



大津京は、一時的に滋賀県に設けられた都。たった数年で焼けてしまいました。
大津京と近江神宮は「ちはやふる」に登場します。以下のURLでまとめています。

http://animelocations.iza-yoi.net/chihaya-otsu.html















一部の画像を比較研究目的により引用しています。作品の著作権(画像も含む)は©里中満智子先生にすべて帰属します。