×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

IndexTop

凪のあすから






もう2年前の作品になるうえ、とてつもなくアクセスの悪い田舎ですが、 今でも巡礼に来る人が多いようです。
発見された舞台が広範囲に広がっており、エリアを移動するのに車で1時間以上もかかるため、 車で回るだけでも疲れました。
「P.A.Worksの中の人は現地まで来てロケハンしていないのではないか? もしかしたらストリートビューで雰囲気を掴んだだけなのではないか」とさえ思いますが、 一部はストリートビューでは見えない部分が忠実に描写されているため、やはり頑張ってロケハンしてきたのかもしれません。
現地はWiMAXの電波もないため、資料は前時代的にすべて紙ベースで持っていきました。郷にいては郷に従え です。



地図




三重県 波田須駅
まさに秘境駅。目前には海、背後には山。
01 01b
©Project-118/凪のあすから製作委員会




02 02b
©Project-118/凪のあすから製作委員会





波田須駅は国道から斜面を降りていった先にあります。海を眺めながら坂を降りていきます。
DSC_0845

立派な駅舎。トイレも完備しています。
DSC_0847
巡礼ノート。屋内と呼べる場所がないこの駅でも、大事に保管されています。
DSC_0848 DSC_0849 DSC_0850 DSC_0852 DSC_0853 DSC_0859 DSC_0860 DSC_0861




ダイヤも充実しています。
DSC_0862



cafe天女座
波田須駅の傍にあります。OP2に登場します。
05 05b
©Project-118/凪のあすから製作委員会




cafe天女座さんは、土日祝日のみ営業しています。この日も、巡礼の人が来ていました。 DSC_0818 DSC_0819 DSC_0820 DSC_0821 DSC_0822 DSC_0824




注文はもちろん凪あすカレーセット。「塩水あります」のとおり、塩サイダーがついてきます。
DSC_0825 DSC_0826


71 DSC_0828
©Project-118/凪のあすから製作委員会






さながら、けいおん豊郷小と似たような様相です。
DSC_0840 DSC_0829 DSC_0830 DSC_0831 DSC_0832 DSC_0835 DSC_0836 DSC_0837 DSC_0838 DSC_0839




「塩水」とは、現実世界では塩サイダーのことなんですね。
DSC_0844


きりゅう造船(旧長島造船)
造船所内は私有地ですので、許可を得て撮影させて頂きました。 勝手に侵入はしないでください。
11 11b
©Project-118/凪のあすから製作委員会




現場にいらっしゃった方に相談したら「あぁ、アニメのやつか。海に落ちないように気を付けろ」と気さくに撮影許可頂きました。
12 12b
©Project-118/凪のあすから製作委員会




13 13b
©Project-118/凪のあすから製作委員会




14 14b
©Project-118/凪のあすから製作委員会




15 15b
©Project-118/凪のあすから製作委員会




16 16b
©Project-118/凪のあすから製作委員会




17 17b
©Project-118/凪のあすから製作委員会




18 18b
©Project-118/凪のあすから製作委員会




19 19b
©Project-118/凪のあすから製作委員会




20 20b
©Project-118/凪のあすから製作委員会




21a 21b
©Project-118/凪のあすから製作委員会




きりゅう造船前の踏切
本数が少ないので、美海のようにこの踏切でひっかかることは稀でしょう。
30 30b
©Project-118/凪のあすから製作委員会




新鹿駅のエリア

魚作商店の前のT字路
40 40b
©Project-118/凪のあすから製作委員会




住宅街の中。ストリートビューには登場しないため、ロケハンしたのではないかと。
場所は伏せるのがマナーのようなので、伏せさせていただきます。
41 41b
©Project-118/凪のあすから製作委員会




実際には階段ではなくスロープです。
41c 41d
©Project-118/凪のあすから製作委員会




魚作商店の傍の橋
42 42b
©Project-118/凪のあすから製作委員会




43 43b
©Project-118/凪のあすから製作委員会




傍の鉄りょう。電車はめったに走りません。
44 44b
©Project-118/凪のあすから製作委員会




せきもの橋のそばの橋
45 45b
©Project-118/凪のあすから製作委員会




せきもの橋
46 46b
©Project-118/凪のあすから製作委員会




清七屋ストア
47 47b
©Project-118/凪のあすから製作委員会




旧新鹿中学校の跡地。建物はすでになく、基礎部分のみ残ります。
48 48b
©Project-118/凪のあすから製作委員会




50 50b
©Project-118/凪のあすから製作委員会




51 51b
©Project-118/凪のあすから製作委員会




DSC_0811 DSC_0817


作中に登場する、橋の足だけみたいなものについては、モデルが諸説ありますが、
よくモデルではないかと言われる、新鹿海水浴場の中州に渡る小さな橋を比較しておきます。
52 52b
©Project-118/凪のあすから製作委員会




52d 52e
©Project-118/凪のあすから製作委員会




湾の埠頭
53a 53b
©Project-118/凪のあすから製作委員会




清七屋ストアーの裏辺り。
54a 54b
©Project-118/凪のあすから製作委員会




新鹿の海水浴場。砂浜が綺麗です。
DSC_0744 DSC_0784 DSC_0785 DSC_0786 DSC_0791



すぐそこにはNTT西日本 新鹿電話交換所があります。
DSC_0746 DSC_0747 DSC_0782


ネコさん日向ぼっこ?
DSC_0760


徳司神社

作中に登場するお祭り「お舟曳き」のコンセプトモデルではないかと言われる「お木曳き」というお祭りがある神社。 結構昔から行われている模様。
DSC_0792 DSC_0794 DSC_0796




さすがにこの祠ではない...か
クリップボード01 DSC_0797
©Project-118/凪のあすから製作委員会




お木曳きの写真。
DSC_0798 DSC_0800 DSC_0802 DSC_0804 DSC_0806


二木島

熊野漁協
60a 60b
©Project-118/凪のあすから製作委員会




61 61b
©Project-118/凪のあすから製作委員会




62 62b
©Project-118/凪のあすから製作委員会




漁協の向かいには、実際には二木島港がありますが、屋根は長島町の卸売市場のほうが似ている気もします。
両方比較してみます。
63 63b
©Project-118/凪のあすから製作委員会




こちらが長島町の卸売市場
63 63c
©Project-118/凪のあすから製作委員会




この日は天気がよく、2月とは思えない暖かさでした。
DSC_0695 DSC_0696


鬼が城

これまた離れて、世界遺産の鬼が城。
65 65b 65c
©Project-118/凪のあすから製作委員会




地味に世界遺産らしいです。この日も観光バスで大勢の観光客が、中国語を話しながら押し寄せていました。
DSC_0863 DSC_0864 DSC_0866 DSC_0867 DSC_0868 DSC_0869

となりのトトロ?
DSC_0877


寺谷簡易郵便局(参考)

ここは新鹿から車で1時間くらい離れており、時間の都合でここだけは行くことができませんでした。
参考に、ストリートビューの埋め込みで並べておきます。
70
©Project-118/凪のあすから製作委員会






大阪から行くと、車で3時間以上かかります。
高速道路も1車線タイプの部分が多く、高速道路がない区間もあったりして、実際にはとても行きにくい場所です。
atashika-longdrive



動画









那智の滝 (和歌山県那智勝浦町)

ついでに、近場(とはいえ車で1時間以上離れています)にある観光名所「那智の滝」も見に来ました。
和歌山県那智勝浦町の滝です。 1段の滝としては落差日本一だとか。世界遺産の一部にもなっています。





一部の画像を比較研究目的により引用しています。作品の著作権(画像も含む)は©Project-118/凪のあすから製作委員会 にすべて帰属します。